2013年07月19日

韓国アシアナ航空機事故の迷走・・・乗客ボーイング社を提訴・・・韓国犠牲の中国人3人の胸像を設立??

時事ドットコム:乗客、ボーイング社提訴=アシアナ機事故−米
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013071700235

↓   ↓   ↓

 【シカゴ時事】米サンフランシスコ国際空港で起きた韓国アシアナ航空機の着陸失敗事故で、同機に搭乗していた乗客83人が16日までに、同機の製造元の米航空機大手ボーイング社を相手取り、損害賠償を求める訴訟を米シカゴの裁判所に起こした。AFP通信などが伝えた。

 米運輸安全委員会(NTSB)は、事故機のボーイング777型機の自動速度維持装置(オートスロットル)に異常はなかったとの見解を明らかにしているが、原告側を代表する法律事務所は、オートスロットルの故障が原因で今回の事故が起きた可能性があると主張。緊急脱出用シューターの設計やシートベルトにも問題があったとみられると指摘した。

 同法律事務所は今後数日中に、アシアナ航空や複数の部品メーカーも提訴する方針。(2013/07/17-10:47)

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、まだ事故原因を調査中だというのに気の早いことである。
しかも、真っ先に「ボーイング」を訴える神経が分からない。
まるで、責任は貴重でなく、機体であると言わんばかりの行為であり、理解に苦しむ。

乗客83人による提訴と言うことで、発表では韓国人乗客は77人なはずだから、残りは客室乗務員か??
しかし、事故からそんなに日が経ってないのに集団提訴とは、誰がまとめ役なんだか・・・?
いずれにせよ韓国政府の意向が裏にありそうできな臭い感じがするんだよなぁ・・・。

なお、韓国の市民団体は、「アシアナ機事故で犠牲の中国人3人の胸像を設立し、中韓の友好関係発展を」市民団体が慰霊」なんてことで動いているようだ。
これは、韓国による報道であり、日本語での報道はない。

以下はその報道の内容である。


愛国国民運動大連合など市民団体は15日午前、ソウル鍾路区孝子洞の中国大使館前で記者会見を開き、アシアナ航空旅客機事故で死亡した中国女子学生を哀悼した。

彼らは記者会見で "同じ両親の気持ちで金枝玉葉のような娘を先に送った中国人たちの痛みをあまりにもよくわかる"とし、"花のような若さで不慮の事故でこの世を去った少女の切ない死で韓国の市民団体と国民も一緒に悲しんでいる "と追悼した。


これらは "空の事故であまりにも早く亡くなった中国の女の子たちの姿を常に心に刻みたい"としながら"アシアナ航空が学校に通っていた三人の女生徒の胸像を学校側と協議して立ててほしい"と提案した。


これらは引き続き "空の事故で痛みが大きいが、韓国人の慰労とアシアナ航空の積極的な収束努力に中国人が一日も早く悲しみを克服してほしい"とし、"韓国と中国の友好関係が一層身近で未来志向的に発展するきっかけになってほしい "と話した。


以上である。

こういうことは、事故原因が判明し、すっかり事故が収まってからするものではないかと思う。
賠償を受ける権利が被害者にはあり、その道筋も立てないままの行動は、フライングとしか思えない。
しかし、韓国人は銅像がすきだなぁ・・・。

ちなみに、私は、個人的にはこういう事故で死んだ場合、銅像なんて建てられても全く嬉しくない。
それよりも、残された家族に十分な補償をしてほしいと思う。
なにより、銅像を建てるお金があるにならば、被害者に渡してあげてほしいと考えてしまう。

とにかく迷走を続けるアシアナ航空機事故であるが、その原因は韓国にあるように思えてならない。
少し自重してほしいと思うのは、言い過ぎだろうか??







posted by 日本に住んでる日本人 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ大統領「日本は(米国の)同盟国であり、友人だ。」習近平国家主席に対して。

習氏遮り、日本との同盟指摘=米中首脳会談やりとり―前国務次官補 (時事通信) - Yahoo!ニュース
より引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130716-00000108-jij-pol

↓   ↓   ↓

 キャンベル前米国務次官補は16日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、6月に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談のやりとりに言及、習近平国家主席が日本への懸念に触れようとするのをオバマ大統領が遮り、「(発言は)そこまでだ。日本は(米国の)同盟国であり、友人だ。あなたはその点をはっきり理解する必要がある」と指摘していたことを明らかにした。

 キャンベル氏はその上で、「日米間には重要な絆があり、それは他国との間にはないものだ」と述べ、日米の特別な関係を強調した。 

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本に対して、安陪内閣に対して、アメリカの中国に対する強力なバックアップだと考える。
民主党政権でガタガタになった日米関係を、安倍内閣がか修復したとも言えると思う。
アメリカにべったりでいいとは思わないが、対中国に関しては、しっかり連携して、互いの国益を守ってほしいと強く思うものだ。





posted by 日本に住んでる日本人 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

菅直人元首相が安倍首相を提訴!なぜ今?そしてこの人は責任を自覚してないの??

菅元首相が安倍首相を提訴 原発事故でメルマガの訂正応じず - 西日本新聞
より引用
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/26953

↓   ↓   ↓

民主党の菅直人元首相は16日、東京電力福島第1原発事故に関して安倍晋三首相が2011年に配信したメールマガジンの記事で名誉を傷つけられたとして、安倍氏に慰謝料など1100万円の支払いと、記事の削除や謝罪を求める訴えを東京地裁に起こした。

選挙期間中に元首相が現職の首相を訴えることは極めて異例。提訴に踏み切った理由について、菅氏は衆院第1議員会館で記者会見し「国民に誤った情報を流し続けることは参院選に悪い影響を与える」と説明した。

訴えによると、安倍氏は11年5月20日付で「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題したメールマガジンを配信した。

↑   ↑   ↑
引用終わり

まず、最初に、なぜ2年も前のことを今になって提訴したのかについて、
私が仕入れた情報から判断すると、吉田所長がお亡くなりになったことを挙げざるを得ない。
死人に口なしとは言いますが、卑怯な印象がありますね。
あとは、最近世間の注目がなくなったので、パフォーマンスですかね。
自分の首を絞めることになるような気がしてなりませんが・・・。

【菅直人】何故今なのか?安倍総理提訴のタイミングの訝しさ[桜H25/7/17] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=5BXhIfFrrbs




さて、この問題に関しては、下記の動画(すこしグロい映像がありますので注意!)とブログを見てほしいですね。

原発事故は人災?いいえ、菅総理による犯罪です。 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=HSfH7zCIeNQ



国賊 菅直人、安倍総理を名誉毀損で訴える!自分の嘘のために...ここまで卑劣だとマスコミは無視 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kqAG3XMh0Ro



ぼやきくっくり | 「アンカー」海水注入中断問題 菅首相 自分の嘘で『出口なし』
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1005.html


さて、震災当日の3月11日午後7時3分に、枝野官房長官が、原子力災害対策特別措置法15条に基づいて、原子力緊急事態宣言というものを出しています。
これによって、菅元首相は、対策本部長となり、原子力災害対応の事実上の全権掌握者となったわけです。

これは、原発対応について、いわゆる「聞いていなかった」ということは、法律違反と言うことになります。

また、海水注入に関して、「再臨界しないかどうか詰めろ!」と命令したようですが、この命令の答えが出ないまま作業ができますか?
結論が出るまで、何もするなと言っているのと同義ではないですか?
つまり、口では、海水注入をするなとは言ってないかもしれませんが、言ったも同然のことをされたのではないですか?

まあ、裁判ですから、しっかり調べてほしいものです。
そして、個人的な希望としては、そこで明らかになった事実を元に、菅首相の原発での罪を問うて欲しいものです。
個人的には、福島からの集団提訴が望ましいですが、費用がかかることが問題ですね。
寄付を求められれば当然するでしょうが、今は裁判の経過をみていきたいですね。
また、被災者の方の中には、もう静かに生活したいという方もいらっしゃるでしょうから無理強いなんてできませんね。





ラベル:菅直人 安倍首相
posted by 日本に住んでる日本人 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅直人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハート出版、全米の中学校で教材にも採用された名著『竹林はるか遠く』を刊行

ハート出版、全米の中学校で教材にも採用された名著『竹林はるか遠く』を刊行 | 株式会社ハート出版 | プレスリリース配信代行サービスはVFリリース
より引用
http://release.vfactory.jp/release/53645.html

↓   ↓   ↓

ハート出版、全米で話題のロングセラー、邦人少女の朝鮮半島引き揚げ体験記『竹林はるか遠く』を7月11日に発売。アマゾンでは予約の段階で「本のベストセラー」1位も記録。

・新刊のお知らせ

ハート出版(東京・豊島区)は、以前から全米で話題になっていたものの、日本では未刊行だった邦人少女の朝鮮半島引き揚げ体験記『竹林はるか遠く』(原題「So Far from the Bamboo Grove」)を7月11日に発売した。

同書はアマゾンで予約注文の受付が始まるとすぐに「本のベストセラー」1位となり、40日間(7月10日時点)ランキング100位以内を維持し続ける人気商品となっている。


タイトル:『竹林はるか遠く』
サブタイトル:日本人少女ヨーコの戦争体験記
著者・監訳者名:ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
翻訳者名:都竹 恵子(つづく けいこ)
体裁:四六版・並製・236ページ
定価:1575円(本体:1500円)

↑   ↑   ↑
引用一時中断



竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
https://www.youtube.com/watch?v=OvpMNB9dnnY



引用再開

↓   ↓   ↓

・内容紹介

本書は、アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた日系人ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ女史が、自身の戦争体験を子供向けにまとめた自伝的小説の日本語版である。原書は1986年にアメリカで刊行されている。日本ではこれまで「竹の森遠く」というタイトルで知られていたが、今回の出版では「竹林はるか遠く」となっている。

第二次大戦末期、ソ連軍から逃れるため、朝鮮半島を縦断した著者(当時11歳)の想像を絶する体験、そして引き揚げ後の日本で味わった苦難を、平易な英語で赤裸々に描いた原書は、たちまち高い評価を受け、アメリカの教育課程(日本では中学生レベル)の副読本として採用された。

著者が体験した朝鮮半島逃避行の内容はまさに壮絶の一言に尽きる。裕福な家庭で育った著者だが、日本の敗色が濃くなり、朝鮮人民軍(抗日遊撃隊)がソ連の支援で抗日活動を活発化させてから状況は暗転する。
それまで「生のニンジンは食べたくない」と好き嫌いを言っていた著者は、自宅を追われ、母、姉と逃亡生活を始めると、その日の食べ物どころか飲み水にも事欠き、生きるためにゴミ箱さえあさらなければならなくなる。暴漢を避けるため、頭を丸め、年頃の姉はさらに胸に晒しを巻いて、男に成りすました。執拗な抗日ゲリラの追跡にあい、襲われたこともあったが、間一髪で切り抜けられた。

三人は命からがら祖国日本にたどり着いたものの、すでに著者の祖父母は空襲で亡くなっており、母も帰国後しばらくして病没。朝鮮で離ればなれになった兄や満州の父の行方もわからない。姉妹二人は身寄りのないまま終戦後の京都に放り出されることになる。京都での体験もまた壮絶で、現代の飽食日本人には想像も出来ないような内容が描かれている。
帯テキストに「息もつかせぬ、愛と涙のサバイバルストーリー」とあるが、本当に息もつかせぬ勢いで一気に読むことができる。

原書については、在米韓国人たちがその内容(朝鮮人による犯罪的行為の描写)にクレームを付け、教材から外すように働きかけるだけでなく、事実と異なる話を触れ回り、大きな騒動に発展した経緯がある。しかし、著者が描いているのは、戦争がもたらした人間の下劣さと、戦争が引き出した人間の優しさであり、そこに日本人と朝鮮人の区別はない。
そして、その優しさが人間にとってどれだけ大切なことなのかを認識できることが、米国でこの本が教材として採用された理由の一つなのであろう。


満州、朝鮮からの引揚者の体験を知らない世代が増えた今、若い人たちがこうした体験談を読む機会は必要である。そして、無念にも生きて帰ってこられなかった多くの人たちにも、思いを馳せてほしい。



・著者ヨーコ・カワシマ・ワトキンズについて

1933(昭和8)年、青森で生まれる。生後六ヶ月で南満州鉄道(満鉄)に勤務する父に連れられ、家族で朝鮮北部の羅南(現在の北朝鮮・咸鏡北道清津市)に移住。
1945(昭和20)年、敗戦の間際に母、姉とともに羅南を脱出、朝鮮半島を縦断する決死の体験を経て、日本へと引き揚げた。帰国後、京都市内の女学校に入学。働きながら学問に励み卒業すると、大学の夜間部で英文学を学ぶ。卒業後、米軍基地で通訳として勤務していたが、結婚し渡米。
アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた。
1986(昭和61)年に自身の体験を描いた初の著書である本書『So Far from the Bamboo Grove』を刊行。
米国教育課程の副読本として採用され、多くの子供たちに親しまれている。
現在も、講演活動などで全米だけでなく世界各国をめぐる多忙な日々を送っている。
他の著書として本書の続編にあたる『My Brother, My Sister, and I』(邦訳未刊行)がある。


【本件に関するお問い合わせ】

会社名 株式会社ハート出版
担 当 編集部「竹林はるか遠く」係
TEL 03-3590-6077(代表)
FAX 03-3980-7889(直通)
メール editor3●810.co.jp(●を@に変えて送信してください)
URL http://www.810.co.jp/

↑   ↑   ↑
引用終わり

私も読ませていただきましたが、敗戦したときの人民の悲惨さを伝えるよい内容の本だと思いました。
そして、逆境における人間の強さに感動します。
さらに、人間の下劣な面と優しい面をみることができ、いろいろ考えさせられる本だと思います。

しかし、この本は、在米韓国人たちがその内容(朝鮮人による犯罪的行為の描写)に対してクレームを付けて、教材から外すように働きかけるだけでなく、事実と異なる話を触れ回って、大きな騒動に発展した経緯があるそうです。

私程度の歴史認識でも、その描写に誤りがあるとは思えないけどなぁ・・・。

むしろ、親切な朝鮮人も登場し、そのことが、反朝鮮人と言うことで書かれたものではないと証明しているとさえ感じます。

こういう本が、日本語で出版されたことを嬉しく思いますね。





posted by 日本に住んでる日本人 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹林はるか遠く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で日本人狩り??韓国経済瀕死で末期的状況??大統領暗殺が懸念??

【スクープ最前線】韓国、末期症状 経済悪化で治安崩壊! 朴大統領の身辺に重大懸念 (1/3ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130717/frn1307170728000-n1.htm

↓   ↓   ↓

 韓国が治安崩壊に近づいている。経済危機から失業者やホームレスが急増し、治安が急激に悪化。一部の若者は武器を持って「日本人狩り」まで始めているうえ、詐欺をしてでも国外脱出を図る人々も続出している。最大野党の報道官は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の暗殺危機まで示唆した。ジャーナリストの加賀孝英氏が、隣国の悲惨な現状に迫った。 

 韓国経済は今、瀕死の状態だ。株価急落、失業率の急増、輸出頼みの経済破綻、観光客の急減、そして中小金融機関の相次ぐ倒産…。朴大統領は有効な手立てが打てず「国内の不満がいつ爆発するか」ビクビクしながら青瓦台(大統領府)にいる、といっていい。

 その韓国で今、日本人が戦慄すべき目に遭っている。

 以下、私(加賀)が、韓国在住の複数の日本人から得た最新情報だ。じっくりとお読みいただきたい。

 「今年2月に朴政権が誕生して以来、景気が一気に悪化した。釜山などの地方都市にホームレスがあふれ、治安がみるみる悪くなっている」

 「3、4人の『日本人狩り』の若者たちが、バットなどを手にして街を徘徊(はいかい)している。見つかれば『竹島はどこの領土だ?』『慰安婦をどう思うんだ』と必ず絡んでくる。怖くて街を歩けない」

 「レストランでも、日本人だと分かると店の態度が急に変わる。あげくに客の韓国人が議論を吹っかけてきて罵倒する。とても暮らせない。日本人の韓国脱出が始まっている」

 まさに治安崩壊だ。さらに許せない蛮行が大学などの教育現場で起こっている。

 「悲惨なのは留学生だ。日本人とみると、韓国人教授が歴史問題で質問してくる。韓国の意に沿わない答えを言おうものなら、それが正しくても絶対に単位をくれない。屈服しなければ切り捨てられる」

 「ある大学院生は教授と歴史問題で議論になった際、教授の態度が急変、『お前はスパイだ。当局に告発するぞ』と本気で脅かされ、一目散に日本に逃げ帰った。韓国に学問の自由などない。異常だ」

 そしてあろうことか、韓国人自身までが国外脱出を始めている。旧知の韓国人ジャーナリストがこう明かす。

 「今、300万円ぐらいを抱えて、フィリピンなどに脱出する韓国人が急増している。韓国では生活できない。希望がないからだ。カネは金融機関から借りまくって、自己破産を偽装して用意したものだ。明らかに詐欺だ」

 「香港上海銀行が今月5日、韓国人への個人融資業務の中止、韓国にある全支店の閉鎖を発表した。踏み倒されるからだ。それに朴大統領が一役買っている。朴大統領は国民の歓心を買うために徳政令を出している。それが見事に悪用されている」

 実は、こうした治安崩壊を背景に「朴大統領の暗殺」が懸念されはじめている。

 今月11日、韓国の最大野党、民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)院内報道官が突然、朴大統領を次のように罵倒した。

 「朴大統領の父親は、韓国を裏切って日本と手を結んだ『鬼胎(=生まれてきてはいけない人間)』の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領だ。鬼胎の子孫が大統領の座についている」

 日本と手を結んだとは、1965年に日本の佐藤栄作政権と、韓国の朴正煕政権が調印した日韓基本条約を指す。洪報道官はこう続けた。

 「朴大統領を支えているのは南在俊(ナム・ジェジェン)国家情報院長(元KCIA長官)だ。今では、どちらが大統領か分からない。その南国家情報院長は第2の金載圭(キム・ジェジュ)になる」

 外事警察幹部がこういう。

 「金載圭は元KCIA部長で、79年に朴正煕大統領を暗殺した犯人だ。要は『朴槿恵大統領の暗殺事件はいつ起きてもおかしくない』と言っている

 「韓国の政府与党は『発言はデタラメだ』と批判した。しかし、各国情報部の反応は全く違う。なぜか。否定できないからだ。実は、水面下では何度も朴大統領暗殺情報が流れていた」

 「アジア版サッチャー」。強い女性大統領。それが朴大統領のイメージだ。だが、この韓国の悲惨なありさまはどうだ。政権基盤は激しく揺らいでいる。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍。一昨年11月、月刊「文藝春秋」で「尾崎豊の遺書・全文公開」を発表し、大きな話題となった。

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・この報道を信じるならば、韓国って本当に文明国なのかと疑問を持たざるを得ない。
自国と異なる考えは否定するというのも、先進国として当然の言論の自由もない国ということではないか。

経済が悪化したのは、日本のせいとでもいいたいのであろうか?
確かにアベノミクスにより円安になり、韓国の通貨のウォン高になった一因だとは思う。
しかし、これは日本のデフレ対策の結果であると世界で認められていることだ。
また、ウォン高になったのは、アメリカが韓国の意図的な為替誘導を改めるように警告したことがきっかけである。
よって、韓国の経済が落ち込んできたのは、自国の経済政策が無策だったためで、大統領の責任は大きい。

しかし、その大統領を暗殺と言うと穏やかではない。
個人的な意見を言うなら、大統領を暗殺しても経済は回復しないと思うのだが・・・
逆に、危険な国ということで、諸国から見放されんじゃないかな?
私としては、日本人の安否が一番心配っであるが、どうなるか?

ただ、韓国人の若者は就職難で困っていると聞く。(韓国公表の失業率はまやかしである)
その若者は、韓国で反日教育を間違いなく受けているであろう。
溜まった鬱憤が、日本人を襲うことに向いても不思議ではないと思う。
よって、若者には特に注意してほしいものだ。





posted by 日本に住んでる日本人 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

「お年寄りに居心地いい」=海江田民主代表、デフレで言及

時事ドットコム:「お年寄りに居心地いい」=海江田民主代表、デフレで言及【13参院選】
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071000962

↓   ↓   ↓

民主党の海江田万里代表は10日、都内の街頭演説で「デフレはお年寄りにとっては結構、居心地がいい」と述べた。デフレ克服が容易でない理由を説明する中で出た発言だが、デフレに立ち向かう本気度を疑われかねず、批判される可能性もある。

海江田氏は「『居心地がいい』という表現が適切かどうか分からないが、物の値段が下がっていけば、年金をある程度持ったお年寄りにとっては歓迎すべきことだ」と指摘。「だからデフレはインフレと違って退治が難しい」と続けた。 

また、「デフレで一番被害を受けるのは若い人たちだ。働く機会が失われたり、賃金がどんどん減ったりする。民主党もデフレを克服しなければいけない(と考えている)」とも語った。(2013/07/10-21:55)

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、デフレ脱却に対する民主党のやる気のなさが見えるような発言だと思う。(フォローはしているが・・・)

しかし、結局、海江田氏は何が言いたかったんだろう??

街頭演説と言うのは、支持を呼びかけるものだと思うのだが・・・??

元経済評論家の面目でも保ちたいのでしょうか??

そんなものは「安愚楽牧場」の問題で吹っ飛んでいると私は思うのだが・・・??

デフレを脱却すると、物価が上がるので、年金生活者の生活は苦しくなるはずである。

だったら、しっかりその旨を告げ、日本のこれからのために必要だと力説すべきではないか??

これでは、たんに自民党を批判したいだけと思われても仕方がないのではないかと思ってしまう。

なお、これは、報道された海江田氏の発言に対して、率直な感想を述べただけであるのであしからず。





posted by 日本に住んでる日本人 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海江田万里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

アシアナ航空機事故・・・韓国のパイロット養成はきわめてお粗末(ドイツ紙より)他・・・

レコードチャイナ:<アシアナ機事故>元教官がパイロット養成の内幕を明かした...
より引用
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=74301&type=0

↓   ↓   ↓

<アシアナ機事故>元教官がパイロット養成の内幕を明かした衝撃的メール!―ドイツ紙
配信日時:2013年7月15日 11時10分

2013年7月13日、アシアナ航空のボーイング777が米サンフランシスコ空港で着陸に失敗した事故を受けて、あるメールに注目が集まっている。メールの差出人は元パイロット教官で、韓国のパイロット養成の内幕を暴いている。独紙ディ・ヴェルトが伝えた。

トム・ブラウンと名乗るその人物は、2003年から2008年まで、韓国でシミュレーションフライトの教官を務めており、韓国でのパイロット養成の流れを詳細に説明している。

アシアナ航空の事故に吐き気がした

ブラウン氏は、この種の事故がもっと多く起きていないことにこそ驚いているという。「養成の方法を大幅に変えない限り、今後も同様の事故が発生する」と語られており、他のパイロットや教官の発言も、このメールの信ぴょう性が高いことを物語っている。

ブラウン氏も大韓航空とアシアナ航空に数カ月間勤務したことがあるという。1980〜90年代に事故が多発したため、韓国の航空会社は世界的に飛行を禁じられた。そのため、2000年以降、韓国の航空会社は強制的に欧米のパイロットを教官として雇用するよう義務づけられている。

ブラウン氏は、韓国のパイロット養成はきわめてお粗末だとして、「“正常”な合格基準を堅持しようとして、多くの教官が解雇された」と語っている。ブラウン氏は、韓国のパイロットが報告する飛行距離についても疑問を呈しており、「彼らの飛行経験とは、一般的に自分が客席に座り、飛行機が自動操縦状態にある状態を指す」と述べた。(翻訳・編集/岡本悠馬)

↑   ↑   ↑
引用終わり

あきれた実態が暴露されたわけだが・・・やはり人災なの?


なお、場外乱闘では、下記のような事態が・・・

事故報道で米運輸当局とTV局が大失態、アシアナ航空は法的措置検討 写真4枚 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2955721/11038141

↓   ↓   ↓

【7月14日 AFP】アシアナ航空(Asiana Airlines)は14日、6日に発生したサンフランシスコ国際空港(San Francisco International Airport)での着陸失敗事故の報道で、侮辱的な意味合いを含んだでたらめの名前を操縦士の実名だとして報じたとして、米運輸安全委員会(National Transportation Safety Board、NTSB)とオークランド(Oakland)のテレビ局KTVUに対し法的措置をとる準備を進めていると発表した。

FOXニュース(FOX News)系の地元テレビ局KTVUは、NTSBからの情報を引用し、操縦士らの名前を、Sum Ting Wong(something wrong=何かがおかしい)、Wi Tu Lo(we too low=低すぎる)、Ho Lee Fuk(何てこった)、Bang Ding Ow(ドカン、ああ)と報道したが、すぐに間違いと認め謝罪した。

その後NTSBは、操縦士の名前は不正確で、しかも侮辱的な意味合いがあったことを謝罪し、この件はインターンが引き起こしたものだと発表した。

しかしアシアナ航空は、これは4人のパイロットと会社の名誉を傷つけるものであるとして「報道したKTVUと名前を取り違えたNTSBに対し法的措置をとる考えだ」との声明を発表した。

アシアナ航空機214便の着陸失敗事故では、3人が死亡し、180人以上が負傷した。(c)AFP

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・まあ、しっかり事故究明をしてくれるならいいんですけどね。
アメリカも韓国も訴訟王国だからなぁ・・・。

しかし、何か米韓の争いに発展しそうな予感・・・。


なぜ操作ミスと見る…アシアナ事故調査で米に抗議書簡=韓国 2013/07/15(月) 08:22:26 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0715&f=national_0715_005.shtml

↓   ↓   ↓

米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機事故で、韓国国土交通省事故調査委員会は14日、米運輸安全委員会(NTSB)に抗議書簡を送り、事故の調査や公表の仕方に不満を示した。複数の韓国メディアが報じた。

同省はNTSBのハースマン委員長宛ての書簡で、「事故調査は国際基準に基づき客観的で公平にしなければならない。事故調査の関連情報を忠実に定期的に提供してほしい」と主張した。

NTSBはこれまでの記者会見で、パイロットの証言や飛行記録装置(FDR)、操縦席用音声記録装置(CVR)の分析内容を発表し、操作ミスの可能性を幾度となく指摘。韓国政府やアシアナは、原因はパイロットの過失であるように追い込んでいるとして反発してきた。

韓国は、NTSBが記者会見の資料を事前に知らせないことや、アシアナの尹永斗(ユン・ヨンドゥ)社長が現地で開催しようとした記者会見を止めたことなどにも不満を抱いているとされる。

韓国メディアは、「韓国と米国の神経戦は最終調査結果が出るまで続くだろう」との見方を伝えた。(編集担当:新川悠)

↑   ↑   ↑
引用終わり

よく分からないけど、要は、韓国はアメリカの調査を信用できないと言っているのと同義な気がします。
個人的には、経過がどうであれ、真相がはっきりすればいいと思うのだが・・・?
妙に国通しの軋轢が目立って、被害者置き去りの嫌な感じがしてならない。

そして興味深いのが下記の記事・・・。

<アシアナ機着陸失敗>操縦士4人帰国、韓国政府が別途調査の方針 | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/848/173848.html

↓   ↓   ↓

アシアナ航空機のサンフランシスコ空港での事故に対する調査が17日から韓米両国でツートラックで進行される。最初は米運輸安全委員会(NTSB)主導で進められているブラックボックス分析で、2番目は事故機の操縦士4人に対する韓国政府の調査だ。操縦士4人は13日に帰国した。政府は彼らが16日までに病院での検診などを終え次第調査を始める予定だ。国土交通部関係者は、「事故の衝撃とNTSBの調査に疲れている操縦士に対する健康検診が必要という判断からわれわれの調査はその後に始めることにした」と話した。

NTSBの調査は機体の欠陥、操縦士の過失、管制の未熟など事故原因の把握に集中している。調査結果はアシアナ航空、事故機のメーカーであるボーイング、サンフランシスコ空港など関係企業・機関が被害補償責任をどの程度ずつ分担するのか判断する資料として活用される予定だ。これと違い韓国政府の調査は操縦士が国内規定を違反したかを把握するのが主目的だ。国土交通部のチャン・マンヒ航空事故収拾本部状況班長は、「飛行手続きをしっかり守っていたか、これまでの教育訓練に問題がなかったか、空港の運航条件を順守したかを確認する予定」と説明した。国土交通部は調査の結果、問題が発見されれば該当操縦士に対する業務停止処分を下す計画だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり

早くしっかりとした真相を明らかにしてほしいものだが、このように捜査が2極化すると不安になる。
少ないなのは、韓国政府の調査は操縦士が国内規定を違反したかを把握するのが主目的ということだが・・・。
異なる結論が出た場合はどうなるんだろうか?
ただ、最初のドイツ人からの告発を見る限りでは、韓国の国内法は国際的にみて、いい加減な気はしますね。





posted by 日本に住んでる日本人 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山由紀夫元首相はひどすぎる・・・実は法律で罰することが可能なようだ。

鳩山由紀夫元首相につきましては、国会議員でいるときから発言が・・・。
自分が関係ない時は、すごく立派なことをはぎれよく発言してきたのですが、いざ自分の立場に及ぶとごまかすわけです。
記載するよりも動画を見ていただいた方がいいと思うのでどうぞ。

鳩山由紀夫 傑作ブーメラン&妄言集 厳選9
https://www.youtube.com/watch?v=T2onw-Iwea4




ひどいでしょう・・・。

さて、その鳩山由紀夫元首相ですが、またやらかしたのは下記です。

“迷走”鳩山氏に非難相次ぐ “発言”で浮かび上がる事実誤認と勉強不足
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130629/plt1306290954001-n1.htm

↓   ↓   ↓

 鳩山由紀夫元首相の尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる発言に対し、政府からは28日、「国益を著しく損なう」(岸田文雄外相)と非難の声が相次いだ。鳩山氏は「もっと勉強していただきたい」と政府側を批判するが、発言内容を検証すると、逆に鳩山氏側の事実誤認や勉強不足が浮かび上がってくる。

 中国訪問中の鳩山氏は28日、北京の人民大会堂で中国の李克強首相と会談。中国政府系シンクタンク主催の経済フォーラム出席者の一人としての面会だが、李氏が日本の政界関係者と会ったのは3月の首相就任後初めてとみられる。

 鳩山氏は今月24日に香港のフェニックステレビのインタビューに応じ、日本が降伏に当たって受諾したポツダム宣言(1945年)に「台湾及澎湖島のごとき日本国が清国人より略取したる一切の地域を返還」するとしたカイロ宣言(43年)の履行が盛り込まれているとして、「(尖閣は)中国側から見れば盗んだと思われても仕方がない」と主張した。

 尖閣の日本編入について鳩山氏は「1895年に日清戦争の末期にそっと日本のものにしてしまった」とも指摘。しかし、日本政府は85年から現地調査を行い、清国の支配が及んでいる痕跡がないと確認した上で95年に編入を閣議決定しており、清国から盗んだ事実はない。

 そもそも戦後の日本の領土を法的に確定させたのは1952年発効のサンフランシスコ講和条約であり、条約でもないカイロ宣言は「法的効果を持ち得るものではない」(外務省)というのが日本政府の立場だ。かつて首相を務めた鳩山氏だが、カイロ宣言を根拠とする論理は政府見解を大きく逸脱している。

 鳩山氏は尖閣の領有権をめぐる「棚上げ」合意が存在する根拠として、野中広務元官房長官が田中角栄元首相から「聞いた」とする伝聞を引用。裏付ける文書がないにもかかわらず「これは歴史的事実だ」と決めつけた。

 さらに、97年に日中両政府が締結した漁業協定について「お互いの漁船は自分たちで処理しましょうと取り決められた」と指摘し、2010年の中国漁船衝突事件での中国人船長逮捕を批判した。ただ、日本の外務省は、協定の対象は排他的経済水域(EEZ)のみであり、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした領海は含まれないとしている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・売国奴と言われても仕方がないのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
しかも、歴史認識間違いまくりです。

なお、尖閣諸島については、大前健一氏の発言があります。

NEWSポストセブン|「野田政権が尖閣諸島を国有化した真相」大前研一氏が解説
http://www.news-postseven.com/archives/20130713_199588.html

ここで大事なことは、歴史的事実に即して見れば尖閣諸島が日本固有の領土であることは間違いないという発言だと思います。

領土問題は存在せず、話がもつれているという事実である。

ここは、安倍内閣にしっかりしてほしいと考えます。

もっとも、そのまえに中国経済の崩壊が現実味を帯びてきているようなので、中国在住の日本人13万人をどう救うのかを考える優先順位があるかもしれないけれども・・・。


さて、この言論の自由をかさにきて、やりたい放題の鳩山由紀夫元首相であるが、罰する法則が存在することが分かった。

刑法第三章に「外患に関する罪」というのがあり、第81条に[外患誘致] 外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処するという記述があります。

最高で死刑ではなく、死刑しかないのです。

中国と日本が尖閣諸島において武力衝突という事態になったとしたら、鳩山由紀夫元首相は死刑の判決がでる可能性があるわけです。

また、第87条[未遂] 第八十一条及び第八十二条の罪の未遂は、罰する。ともあるので、未遂であっても確実に逮捕をして裁判にかけることが可能なようです。

この法律のポイントは、「外国と通謀して」というところだと思います。

つまり、外国と通謀していなければ、個人の責任で言論の自由は守られるわけです。

私は、日本人である以上、日本を貶める行為を外国と通牒してやったら罪にならない方がおかしいと思います。

自由には、責任がついてまわるからです。

ただ、日本について批判的な発言すること自体は、しっかりとした証拠や論拠があるならば、言論の自由にのっとった良いことだと思います。

逆に誰も日本のおかしいところを指摘しなかったら、民主主義は危ないと思います。

しかし、今回の鳩山由紀夫元首相の発言はひどすぎます。

こんな人を総理大臣にしてしまった私たちは、この恥をしっかり受け入れ、今後に活かさないといけませんね。




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳩山由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

アシアナ航空機事故・・・言論封鎖?迷走?

アシアナ機事故 韓国が米に異例の書簡 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130714/t10013036671000.html

↓   ↓   ↓

アメリカ・サンフランシスコの空港で韓国の旅客機が着陸に失敗した事故で、韓国の事故調査委員会は、アメリカ側に対して調査した内容を一方的に公開しないよう求める異例の書簡を送り、操縦ミスとの印象を与えるという国内の不満を反映した対応とみられています。

サンフランシスコ国際空港で、韓国のアシアナ航空機が着陸に失敗した事故で、アメリカのNTSB=国家運輸安全委員会の調査では、これまでのところ機体に大きな異常があったことを示す情報はなく、操縦士が適切に操縦をしていたかどうかが焦点となっています。
こうしたなか、韓国の事故調査委員会は、NTSBに対して委員長名義で書簡を送ったことを14日、明らかにしました。
書簡は、情報を韓国側にも定期的に提供するよう要請するとともに「事故調査は、国際基準に沿って客観的かつ公正に行わなければならない」と指摘し、直接的な表現は避けながらも、調査した内容を一方的に公開しないよう求めています。
これについて、事故調査委員会の関係者はNHKに対し、「事実かどうか分からない、あるいは、議論になりうる事柄は、事前に、発表するかどうか互いに話し合うべきだ」と述べています。
韓国では、NTSBが事故原因は操縦士のミスだとの印象を与えているという不満が政府やメディアの間から出ており、異例の書簡送付はこうした不満を反映した対応とみられています。

↑   ↑   ↑
引用ここまで

・・・この問題は、ある意味、この機体の安全性に対しても問題視されていると思う。
だから、関心が高いのであって、早く真相を知りたいと考えるのは普通の感覚だと思う。
よって、事実が分かったら発表することに何の問題があるのか、私には分からない。
事実を積み重ねて、公の基で真相究明すればいいではないか?
逆に、隠して検討した結果を発表するようでは、飛行機業界の体質が疑われると思う。

よって、私としてはナンセンスな要請としか思えない。


しかし、こういう報道もある。

アシアナ機事故:日英でも同機種による類似事故が発生 Chosun Online | 朝鮮日報
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/09/2013070901017.html

↓   ↓   ↓
米国サンフランシスコ国際空港で6日(現地時間)に起きたアシアナ航空ボーイング777−200ER型機の着陸失敗事故。同機種による着陸時の事故は日本や英国でも発生している。

 昨年3月末、東京の羽田空港では日本航空(JAL)の同一機種の旅客機が着陸時に事故を起こした。8日付の毎日新聞などによると、同機が着陸中に突然機首を上げたところ機体の後部が地面に接触し、尾部の一部が損傷した。アシアナ航空機の事故と状況が似ている。2010年5月、大阪国際空港でもJALの同一機種が着陸時に尾部を滑走路に接触させた。だが、いずれも負傷者や機体の大きな損傷はなかった。

 また、08年に英国のロンドン・ヒースロー空港でも同一機種による事故が発生している。ブリティッシュ・エアウェイズ便が空港付近で出力を失い滑走路手前に着陸し、47人が負傷したのだ。燃料中の水分が凍結し、エンジンに燃料を供給できなくなったことが原因とされる。

東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、この事実は、機体に何らかのトラブルがあるのではないかという疑問を抱かせると思う。
では、事故原因はなんだったのか?
調査結果が待たれるところだ。

最期に、少し猟奇的な内容になるが・・・

事故ボーイング機のパイロット、レーザーで失明状態に: The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2013_07_11/117648026/

↓   ↓   ↓

米交通安全局は調査の結果、サンフランシスコ空港への着陸失敗で死傷者を出した韓国アシアナ航空ボーイング777型機のパイロットが、着陸時、地上からのレーザー光線で目が見えなくなっていたことを突き止めた。10日、同局広報が伝えた。

また調査の結果、乗客の避難が十分に素早く行われていなかった、という点も明らかになった。機体の停止から90秒以内に避難がなされねばならないのに、乗客が機長にエンジン部の火災を報告したあと、やっと避難が開始された。「どういう指針で行動していたのか理解する必要がある」と同局デボラ・ハースマン長官。

イタル・タス

↑   ↑   ↑

ついにテロ説?陰謀説?
なんかすごうことになってますが、まともな原因究明を願います。

さて、今後もこのことについて書くのかは不明ですのであしからず。
(なんだかんだで、書いてますけど・・・)





posted by 日本に住んでる日本人 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

経営破綻した「安愚楽牧場」への投資を推奨していた海江田万里民主党党首の責任は?

安愚楽牧場元社長ら逮捕 和牛出資 事実と異なる説明で勧誘 - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130618/dms1306181215014-n1.htm

↓   ↓   ↓

和牛オーナー制度が行き詰まり、約4300億円の負債を抱えて経営破綻した「安愚楽牧場」(栃木県)が、事実と異なる説明で出資者を勧誘したとして警視庁捜査2課は18日、特定商品預託法違反(不実の告知)の疑いで、元社長の三ケ尻(みかじり)久美子容疑者(69)ら旧経営陣3人を逮捕した。出資者約7万3000人への負債を抱えて破綻した同社の和牛商法問題は刑事事件に発展した。

 捜査関係者によると、三ケ尻容疑者らは安愚楽牧場が倒産する直前、オーナーと呼ばれる出資者に、牧場で飼育されている和牛の頭数を過大に説明するなどして勧誘した疑いが持たれている。

 安愚楽は、雌の繁殖牛を1頭当たり300万〜500万円程度で出資者に売却し、数年後に買い戻す「和牛オーナー制度」を運営。牛の飼育は牧場側が担当し、その間に生まれた子牛を売却して年3〜4%程度の配当が得られると宣伝し出資者を募っていた。

 関係者によると、安愚楽牧場は2011年、経営悪化を理由に出資者に満期金や配当の支払い遅滞を通知し、同年8月には東京地裁に民事再生法の適用を申請。破産手続きに移行した。安愚楽側は経営不振の要因として、東電福島第1原発事故の影響でオーナーの解約が相次いだことなどを挙げていた。

 旧経営陣の逮捕を受けて、出資者からは「だまされた」「悔しい」と怒りの声が渦巻いた。

 「お金があれば、私が出資したいぐらいの商品です。早く契約しないと売り切れますよ」。東京都西東京市の60代女性は11年7月下旬、安愚楽の社員から電話で新たな商品を勧誘された。

 安愚楽は、それから間もない同年8月上旬に民事再生法の適用を申請。女性は「電話の説明は丁寧で、何の疑いも持たなかった。まさか牛の数が足りていなかったとは」と絶句した。

 女性は20年以上前から出資を始め、妹や息子とともに計約1億7000万円をつぎ込んだ。1口100万〜1000万円の商品を次々と購入。高額なコースにはギフト券やプラズマテレビなどの景品も付いたという。

 都内の50代男性が安愚楽を知ったのは約30年前。週刊誌の記事を読んで利回りの良さにひかれ、「定年後の蓄えになれば」と出資を決めた。ボーナスや早期退職金をつぎ込み、約7000万円を失った。

 「高い授業料を払ったと思うしかない」。三ケ尻容疑者には「債権者集会に一度も顔を出さなかったのだから、取り調べには正直に話してほしい」と訴えた。

 安愚楽をめぐっては、海江田万里・民主党代表が経済評論家時代に書いた記事を読んで出資し損害を受けたとして、出資者30人が今年2月、計約6億1000万円の賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。3月25日に開かれた第1回口頭弁論で、海江田氏側は「執筆と損害との因果関係が不明で、法的責任はない」と請求棄却を求めた。

↑   ↑   ↑
引用終わり

さて、海江田氏に責任があるかどうかであるが、私としては良く分からない。
裁判の行方を見続けたいところである。

ただ民法上の時効はないと考える。
問題が発生してから3年以内と言うのが、民法上の時効の定義だったと思う。
2011年に問題が発覚したわけだから、問題ないと思うわけだ。

この安愚楽牧場が赤字になったのは、9年前と報道があったと思う。
つまり、それ以前は黒字だったと考えるわけで、海江田氏が推奨した20年前はまだ健全に運営されてた可能性がある。

しかし、私の常識では、牛への投資で儲かるなんて考えられない。
システム的にあやしいと感じてしまう。
つまり、口蹄疫や原発事故の外的要\要因がなくても、いずれは破綻するシステムだったと思うのだ。
もっとも9年前から赤字なら、上記の外的要因は関係ないはずだけど。

そういうわけで、海江田氏に法律上の罪があったかは判断できない。
しかし、海江田氏の書いた記事を読んで申込を決めたと言っている人がいることも事実だ。
そして、元とはいえ経済評論家が昔書いたことで、20年後に困ったことになった人がいることも事実である。
当時と状況が違うのは事実であるが、経済評論家がそれを言ったらダメな気がする。
将来的なリスクまで予想するのが経済評論家ではないかと思うのだ。
しかし、今回、海江田氏は「リスクゼロ」と書いたと聞く。
これは、何年たとうと経済評論家としては責任があると私は思う。(法的責任は別として)

なにより、人として、間違ったことをしたと感じているのなら、自分の経済評論家としての力量不足を恥じて謝罪するべきではないだろうか?
そのうえで、法的責任は争うというのであれば、まだ理解できなくもないのであるが・・・。

よって、私は、海江田万里氏が、どんな発言をしようともその真意を疑うであろう。
もっとも盗人にも三分の理というので、お話は聞かせてもらいますけどね。


民主党 海江田万里代表 記者会見 安愚楽牧場
https://www.youtube.com/watch?v=8M5xyqgYoec




「安愚楽牧場への出資を推奨」海江田代表を提訴(13/02/18)
https://www.youtube.com/watch?v=tsQ1pFFNJHo







posted by 日本に住んでる日本人 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海江田万里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

称賛から一転、猛烈批判 アシアナ航空のCA対応・・・どうなってんの?

ゲンダイネットから引用
http://gendai.net/news/view/108757

↓   ↓   ↓

称賛から一転、猛烈批判 アシアナ航空のCA対応
【最新トピックス】
2013年07月10日 23:36 更新
 サンフランシスコ国際空港で着陸事故を起こしたアシアナ航空。見るも無残に炎上した機体の映像を見ると、犠牲者が少なかったのは奇跡的に見える。

 事故機に乗り合わせたCAの記者会見も評判で、クルーの冷静な働きを賞賛する報道が見られるが、航空会社のCAたちからは疑問の声が上がっている。

 まず、会見したアシアナのベテランCAは「膨らませた脱出用シュートが機体の中で膨らんでしまい、しかも引火する恐れがあったので副操縦士とともにナイフで切り裂いた」という趣旨のことを言っていたが、問題のシュートは右側にあった。

「当初、火は右のエンジン付近から激しくでたのですから、最初からこのスライドシュートは膨らませるべきではなかったのです」(別の航空会社のベテランCA)というのが指摘のひとつ。

 さらに事故直後、このCAは「操縦室に入って(機長の)無事を確認してから脱出を開始した」と言っているが、この行動もおかしいという。

「このような異常事態発生時、パイロットから指示がない場合、CAの判断で直ちに脱出を開始しなければなりません。このCAは旅客より機長の安否を優先したのでしょうか」(同)

 さらに機外に出た多くの旅客がピギーバックなど大きな荷物を持っていた。ハイヒールを履いたままの乗客もいた。ネットでは乗客を非難していたが、違うと言う。
 
「脱出の際、CAは強制的に旅客の荷物を取り上げ、ハイヒールを脱がせるのが基本です。それすらやらなかったことになる」(同)

 犠牲者が少なかったのは、ホント、奇跡である。

↑   ↑   ↑
引用終わり

ここでおかしいことを整理してみよう。

当初、火は右のエンジン付近から激しくでたのですから、最初から右のスライドシュートは膨らませるべきではなかった。
⇒左側にもスライドシュートはあったようなので、大きなミスなのではないか?

事故直後、このCAは「操縦室に入って(機長の)無事を確認してから脱出を開始した」と言っている。
⇒異常事態発生時、パイロットから指示がない場合、CAの判断で直ちに脱出を開始するのが常識。
⇒つまり乗客より機長のことを優先したというCA失格の行動ではないか?

機外に出た多くの旅客がピギーバックなど大きな荷物を持っていた。ハイヒールを履いたままの乗客もいた。
脱出の際、CAは強制的に旅客の荷物を取り上げ、ハイヒールを脱がせるのが基本なのにそれを放棄していた?


さらに続けよう。


<アシアナ機着陸失敗>切羽詰まった機長の声…安全着陸アナウンスの直後 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/591/173591.html?servcode=400§code=430

せっかくの家族5人の米国旅行。しかし戻れなくなるところだった旅行を振り返りながら、ハン・ボウンさん(女性)の家族は胸をなで下ろした。

中略

▼午前11時27分=「着陸速度が速すぎるのでは…」と思った瞬間。ドンという鈍い轟音が聞こえた。明らかに車輪が滑走路に着く音ではなかった。同時に機体が左右で激しく揺れた。安全ベルトをしていなければ座席から弾き飛ばされるほどだった。続いて機内の荷物が頭の上から落ちてきた。「状況は深刻だ、間違いなく事故が起きた」と思ったが、「安全に着陸したので心配しないでほしい、席を立たないでほしい」という放送があった。

▼午前11時28分=呼吸できないほど機内が白い煙が広がり、各座席の酸素マスクが落ちてきた。すぐにも飛行機が爆発しそうな恐怖を感じた。その時、機長から緊急の案内放送があった。「非常脱出!非常脱出!」

中略

▼午前11時31分=非常口に来た。飛行機が非常着陸した時に出ると思っていたスライドはなかった(左側2個の非常口ではスライドがあった)。そのまま飛び降りなければならない状況。機体が高いので、私たちは乗務員の案内で折れた飛行機の翼の間に飛び降りた。機体からは白い泡の油が流れ出ていた。私たちは火が移って爆発するのではと心配しながら、できるだけ飛行機から遠ざかった。

中略

↑   ↑   ↑
引用終わり

ここで、疑問に思うことをまとめてみた。
着陸後、、「安全に着陸したので心配しないでほしい、席を立たないでほしい」という放送があったということ。
安全が聞いてあきれる、「90秒の空白」として初動の遅れが指摘されているようだ。

飛行機が非常着陸した時に出ると思っていたスライドはなかった(左側2個の非常口ではスライドがあった)。
そのまま飛び降りなければならない状況。
機体が高いので、私たちは乗務員の案内で折れた飛行機の翼の間に飛び降りた。
⇒左側のスライドシュートを利用すべきではないのか?CAの大チョンボではないか?
⇒結果として、乗客は飛び降りて脱出したわけであるが、CAの責任は大きいのではないか?


さて、最後に、一人のCAが英雄視されて報道されていますが、
この方は、いろいろ確認してみましたが、
最期まで、残って休出活動をなされていたようです。
ただ、英雄をたたえるという行為にだまされてはいけません。
英雄をたたえる裏には、隠したいことがあると歴史は語っています。
今回に問題は、今まで記載してきたことのほかに、他のCAは何をやっていたかということです。
いろいろ報道を調べてみましたが、どうもさっさと逃げたというにが有力なようです。
しかし、私も当初は見逃していました、反省です。
今回は以上です。
お約束はできませんが、続報が分かったら書きたいとは思っています。





posted by 日本に住んでる日本人 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

菅元首相、ネット上で大暴走 東電・吉田元所長死去に触れ

「菅元首相、ネット上で大暴走 東電・吉田元所長死去に触れ」:イザ!
より引用
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/668671/

↓   ↓   ↓

 【阿比留瑠比の極言御免】

 菅直人元首相のインターネット上での暴走が止まらない。東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長が死去した際には、10日付のブログで「吉田所長の死を惜しむ」と題しこう書いた。

 「吉田所長は東電上層部の意向に反して独断で海水注入を継続した。英断だ」

 平成23年3月12日、水素爆発した1号機への海水注入をめぐり、「菅首相の了解が得られない」と中断を求めた東電本店の指示に逆らい、独断で注水を続行した吉田氏を称賛している。

 ここまでは尋常だが、この後は文章の趣旨が追悼からずれ、自己弁護と他者攻撃へとどんどん傾く。

 「当時安倍晋三氏(現首相)は『海水注入を止めたのは菅総理。即刻辞任しろ』とメルマガで私への辞任を迫った。東電本店のウソの情報を振りかざして、原発事故までも政争の具にしようとした」

 また、菅氏は関連して10日付のツイッターではこうも記している。

 「海水注入問題では東電が自分たちの判断を官邸の判断とすり替えた」「私を含め官邸の政治家は海水注入は当然と考えており、誰も中止を指示していない」

 菅氏は6日付のブログでも「安倍総理の大陰謀」と題し、安倍首相が「東電から頼まれて」でたらめの情報を発信したため、「菅降ろし」が起きたと訴えた。同様に11日には「ネットを利用した安倍晋三総理の巧妙な名誉毀(き)損(そん)」と書くなどボルテージを上げた。

ただ、東電と安倍首相が陰謀の共犯者であるかのように決め付けたにもかかわらず、根拠は示さない。あまりにためらいのない筆致には、「この人は大丈夫だろうか」と心配になる。

 実際のところはどうか。事実関係をたどると、東電本店が吉田氏に海水注入中断を求めたのは、菅氏自身が「再臨界」に強い懸念を見せたからにほかならない。官邸で一部始終を目撃していた関係者は、「速やかな海水注入を求める専門家らに対し、菅氏はこう怒鳴っていた」と証言する。

 「海水を入れると再臨界するという話があるじゃないか。君らは水素爆発はないと言っていたじゃないか。それが再臨界はないって言えるのか。そのへんの整理をもう一度しろ!」

 23年5月31日の衆院震災復興特別委員会では、菅氏自身がこう答弁している。


 「水素爆発の可能性、再臨界の可能性、そして塩が入ることによるいろいろな影響。そこにいた専門家のみんなに、そこも含めて検討してみてくださいと…」

 当時、原子力安全・保安院や東電が、官邸政治家から「指示なく勝手なことはするな」と厳命されていたのは周知の事実だ。菅氏に「整理」「検討」と言われたら、どう受け止めるか。

 官邸に詰めていた東電の武黒一郎フェロー(当時)が、菅氏の反応を見て第1原発の吉田氏に電話で「止めろ。官邸がグジグジいってんだよ」と中断を求めたことまで「東電の判断」と言い張る菅氏の主張は無理がある。

 海水注入続行はあくまで吉田氏の独断による「結果オーライ」にすぎない。菅氏の「意向」がそのまま実行に移されていたら、1号機はどうなっていたことか−。結果は想像したくない。(政治部編集委員)

↑   ↑   ↑
引用終わり

私は、名誉棄損と訴えるからには、証拠および証明義務があると思う。
それが、言論の自由における原則ではないかと思う。
裁判において、証拠を提示する義務が訴える側にあるのと同じことではないだろうか。
今回の菅氏の発言には全くそれがなく、言いっぱなしである。
そんなものは、とても信用できない。





posted by 日本に住んでる日本人 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅直人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月の日韓首脳会談見送り・・・正しい判断と思われる。

安倍政権は12日、9月上旬にロシアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた日韓首脳会談の開催を見送る方針を固めたそうだ。
韓国の朴槿恵大統領が従軍慰安婦や竹島問題をめぐる日本側対応への不満を理由に消極姿勢を示しているためで、開催を呼びかけても実現可能性は低いと判断したそうだ。


9月の日韓首脳会談見送り ロシアでのG20会合時 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071201002331.html

おまけ
日韓首脳会談急がず=歴史認識は踏襲―菅官房長官 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000068-jij-pol


正しい判断だと思われる。
こちらから頭を下げて会談してもらう理由もない。

拉致問題について言われるかもしれないが、韓国は自国の拉致被害者を一人も救っていないようだ。
これで、何が当てにできるかと問いたい。


「拉致被害者を一人も救えぬ韓国社会「日本が羨ましい」」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/630621/


さて、これで韓国も、日韓スワップ協定の再考なんて言ってこないだろう。
もう延長しない方向で決まったはずであるが、最近の韓国で怪しい動きがあるようだ。
ちなみに麻生財務大臣は明確に「必要ない」と言っている。

なお、調べてみれば分かるが、スワップ協定は双方の利益で締結するものではない。
一方の経済を助けるために行うものだと私は理解している。
それを韓国は勘違いしており、下記に動画の発言をしているわけで、こちらから申し込むことは、もうありえない。
この問題は、注視したいと思う。
しかし、ネットでの情報を見ると怖くなりますね。韓国中国は、正直、破綻秒読みの危険な状況に見えてきます。
書籍を読んでも、その認識は覆らず、むしろ増すと言う状況。
日本への影響も心配ですね。


韓国中央銀行総裁、日本が望めばスワップ延長してやるニダ
https://www.youtube.com/watch?v=mKb_DDmv7Zc







posted by 日本に住んでる日本人 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

アシアナ航空事故の迷走

まずは、場外乱闘?から

韓国のテレビ局アナウンサーが、死亡した2人が韓国人ではなく中国人だったことを「幸いだった」と発言
当然中国で反発が広がっているわけですが・・・

なんとか大統領が訪問して得た友好ムードを保ちたいのでしょう。
外務省が出てきて、謝罪の受け入れを中国に呼びかけてます。


【アシアナ機事故】韓国外務省、「謝罪受け入れを」と中国に呼び掛け アナウンサー失言で友好ムードに水差す懸念 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130709/dst13070919320010-n1.htm


しかし、私に言わせれば、思ってもいないことを失言はしないと思う。
ましてや、死亡事故に関してだ。
口先だけでなく、行動が必要ではないかと思う。


さて、機長らについては新事実が発覚している。
交代要員の副機長が、54秒前に異常を数回警告していたというのだ。
しかし、これは無視されたとのことだ。


【アシアナ機事故】54秒前に異常を数回警告 交代要員の副機長 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130710/amr13071014340006-n1.htm


これって部下の意見に耳を貸さなかったってことなのかな?
韓国には、そういう風潮があると聞いたことがあるけど・・・。
人の命を預かる仕事でそれってありなの?と思わずにはいられない。


さて、社長から責任を問われたきちょうであるが、こう証言している。
「速度維持装置動かなかった」
なんか、この装置を機能させるには、他の機器とのかねあいもあるらしい。
だから、まだ機体に異常があったとは断定できないようだ。


【アシアナ機事故】「速度維持装置動かなかった」機長が説明 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130710/amr13071011470004-n1.htm


また、パイロットからこんな証言がでてきた。
「着陸直前の高度約150メートルのところで、光で目が一瞬くらんだ」
何の光だったかは調査中とのこと。
・・・私には苦し紛れの嘘にしか聞こえないけど、断定はできない。
調査結果を待ちましょう。


副機長「光で一瞬目がくらんだ」アシアナ航空機事故(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130711-00000010-ann-int


あとは、この事故機だけど、エンジントラブルを6月に起こしている。
整備の問題はなかったという話だけど・・・ねぇ?


【アシアナ機事故】事故機、エンジントラブルで6月に整備 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130708/kor13070800490000-n1.htm


最期に、美談を!
着陸直後の緊迫した機内に最後まで残り、沈着冷静な行動で多くの乗客を脱出させた女性客室乗務員に称賛の声が上がっているとのこと。
プロ意識とは、こういう行為をいうんだろうね。
やはり行動が信頼を生むのだと思うね。

⇒CAの行動については、批判的な意見が出てきています。
続報をご覧ください(2011/7/14)

http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/369191392.html

【アシアナ機事故】冷静な女性乗務員に称賛 骨折気付かず…「乗客の救出、一心に」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130710/dst13071009270009-n1.htm


お約束はできないけど、なにか新しい事がでてきたら書こうと思います。
それでは。




posted by 日本に住んでる日本人 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アシアナ航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党は売国党?としか思えない動画 政権交代後に韓国民団で外国人地方参政権を約束?

まずは、下記の動画を見てほしい。
民主党熊田篤嗣元衆議院議員が韓国民団の会合の席で、当選のお礼を言っている。・・・。
さらに外国人地方参政権を約束している・・・。

(2012年離党⇒減税日本⇒日本未来の党⇒落選)
これって売国行為ではないの?


ブチギレしたくなる動画 3
https://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_342082&feature=iv&src_vid=VMBHvlX4KIw&v=Q-zLmveF678




外国人地方参政権を認めるとどうなるか?
ご存知の方も多いと思うけど、一応かんたんに説明しておきます。

地方ですから、たとえばA村というところがあったとしましょう。
この市の人口は1万人いたことにしましょうか。
さて、ここに例えば韓国人などの外人が1万5千人転入してきたとするとどうなりますか?
外人の方が多いわけですから、外人が望む村長や村役場議員が選出されませんか?
そして、選ばれた方々は、外人のための行政を行うことになりませんか?


つまりこれは、外人による地方行政の侵略になるわけです。

誰が何と言おうと、日本国は日本人のものです。
また、当然ですが、アメリカという国はアメリカ人のものです。
当たり前ですよね。
しかし、この理屈が分からない、または分かろうとしない、私から見たら馬鹿としか思えない人が存在します。
また、いわゆる売国奴というやつで、分かってて推進しているひどい人もいるようですけどね。

これは、長く日本に居住したからといっても変わることではありません。
参政権が欲しいなら、帰化すればいいのです。

この帰化についても、在日朝鮮人の方に関しては問題を感じておりますが、それはまたの機会にいたします。

なお、これは別に誹謗中傷しているわけではありません。
ネット選挙のありかたに違反しているとは思っておりません。
動画を見ての率直な感想を述べているだけですので、あしからず。





posted by 日本に住んでる日本人 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。